未公開株式被害、海外先物オプション取引被害、外国為替証拠金取引被害など

投稿日:2012.6.28

これらの被害においても、未公開株式被害、外国為替証拠金取引被害について、公序良俗違反等を理由として全額賠償を認めた判決や、損害の5割~9割の賠償を認める示談が報告されています。

現在コメント、トラックバックともに受け付けておりません。

コメントは受け付けていません。